本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00704-2

発信 平成27年2月28日

ご存知ですか?「ものづくり・商業・サービス革新補助金」

上記補助金は、革新的なサービスの創出、試作品の開発等を行う中小企業に対し国が交付するものです。
国は平成26年度補正予算として約1020億円を計上し、以下の条件を満たす中小企業に対して支援することにしています(1次公募の申請期間は平成27年2月13日から5月8日まで)。

1.補助金の種類と個別条件

イメージ 補助金種類 条件 タイプ 設備投資 補助金限度 対象経費 補助率
サービス業 革新的なサービスの創出 @「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」*1で示された方法で行う革新的なサービスの創出である 一般型 必要 1千万円 原材料費、機械装置費、試作品、サービス開発の経費等 2/3
A3〜5年計画で付加価値額*2年率3%及び経常利益年率1%を達成できる計画である コンパクト型 不要 7百万円
製造業 ものづくりの革新 「中小ものづくり高度化法」に基づく特定ものづくり基盤技術を活用した画期的な試作品の開発、生産プロセスの革新である 必要 1千万円

*1 平成27年1月に経済産業省が公表
*2 付加価値額=営業利益+償却費+人件費

上記以外に、数社が共同して行う設備投資に対する補助金もあります。また、いずれの補助金も認定支援機関の確認が必要です。

ものづくりの補助金については、申請事業が「中小ものづくり高度化法」で示されている下記いずれかの技術と関連していることが必要です。

情報処理、製造環境、立体造形、機械制御、材料製造プロセス、測定計測、精密加工、接合、実装、表面処理、複合、新機能材料、バイオ、デザイン開発

2.注意事項

申請したすべての会社が補助金を受けられるわけではありません(昨年の1次公募2次締切の採択率は約44%でした)。上記各分野の指針等をよく読み、国の考え方を理解したうえで申請書類を作成することが必要となります。実際の採択事例が中小企業庁のHPにありますので、参考にしていただければと思います。

詳細は全国の認定支援機関にご相談ください。
私どもも認定支援機関として登録しておりますのでご質問等は無料税務相談コーナーからどうぞ。

なお、中小企業庁はミラサポというポータルサイト(https://www.mirasapo.jp/)で、上記ものづくり等補助金をはじめとする中小企業向けの支援事業を多数紹介しています(補助金の公募要領も検索可能です)。今後何回かにわけて中小企業向けの施策をご紹介していきます。

(文責−久保田 勝一)

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

渇。須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp