本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00859

発信 令和元年06月18日

従業員が退職したときの手続き(所得税)

従業員が退職する場合、所得税・社会保険・雇用保険・住民税等様々な手続きを行わなければなりません。
そのうち今回は、所得税に関する手続きについてお伝えいたします。

1.給与所得の源泉徴収票の交付

その年中に支払った給与・賞与、社会保険料、源泉徴収税額等を「給与所得の源泉徴収票」に記入し、退職後1か月以内に退職者本人に交付します。 退職者が再就職すれば新しい就職先の年末調整で、再就職しなければ所得税の確定申告で必要になりますので、必ず交付してください。

また「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した退職者で、その年中の給与等の支払金額が250万円を超える場合、「給与所得の源泉徴収票」を翌年1月31日までに税務署に提出しなければなりません。



2.退職所得の源泉徴収票の交付

退職手当等を支払う場合は「退職所得の源泉徴収票」を作成し、退職後1か月以内に退職者本人に交付します。
また退職者が法人の役員の場合は、「退職所得の源泉徴収票」を税務署に提出しなければなりません。



3.退職所得の受給に関する申告書の作成

退職者に「退職所得の受給に関する申告書」を作成してもらい、退職手当等を支払うときまでに提出してもらいます。

この申告がない場合、退職手当等の金額に20.42%の税率による源泉徴収をしなければなりません。税務署長から特に提出を求められた場合以外は、税務署への提出は必要ありませんが、受け取った申告書の保管が必要です。



4.まとめ

従業員が退職する場合これら所得税の手続き以外に、雇用保険被保険者資格喪失届、健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届、給与支払報告に係る給与所得異動届の提出等があります。

これらの処理は退職者のためだけではなく、会社にとっても税金や社会保険の関係上必要不可欠な手続きになりますので、確実に行うようにしましょう。

お問い合わせは当ホームページの無料相談コーナーからどうぞ。

  • はてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL http://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL http://tax.yokosuka.jp
 

㈱横須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL http://kantei.yokosuka.jp