本文へスキップ

横須賀グループは、会計、税務、不動産鑑定を専門とするコンサルティンググループです。

TEL. 03-3861-5791

〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-3-9

横須賀G通信(FAXNEWS)FAXNEWS

YF-00936

発信 令和3年8月8日

防災気象情報について

梅雨明けに伴い、台風や前線の影響による大雨や自然災害が心配される季節になりました。
近年では、これまで経験したことのない記録的な雨量も決して珍しくありません。
このため、河川流域や山間部だけでなく都市部においても道路の冠水、住宅の浸水、地下街の水没等の被害も頻発するようになりました。

これに伴い過去に経験したことがないような生命・財産が脅かされる水害等も全国的に発生していますが、その多くが、国や自治体が作成しているハザードマップ上、危険であると想定されている場所で発生しています。

そこで、今回はこのような災害から身を守るために活用できる防災気象情報の一部をご紹介します。

1.平時の備え

洪水や土砂災害等の災害に備えるためには、事前に身の回りで、どのような災害が発生する可能性があるのかを知っておくことが重要です。

この点、国土交通省では「重ねるハザードマップ」を公表しています。
ここでは、各自治体が作成しているハザードマップに加え、洪水によって想定される浸水深、土砂災害警戒区域、道路冠水想定箇所等のほか、土地の特徴・成り立ち(大規模盛土造成地等)や指定緊急避難場所等を確認することができます。


2.雨が降り始めたら

雨が降り始めたら、気象庁から発せられる警報・注意報に留意する必要があります。
これらの情報はテレビ、ラジオ、携帯電話(緊急速報メール等)などから得ることができますが、気象庁では災害発生の危険度の高まりを地図上で確認できる「キキクル」を公表しており、土砂災害・浸水被害・洪水の危険度の高まりを確認することができます。

さらに、大雨による災害発生の危険度が高まった場合には、住民へ避難を促す避難情報等に留意する必要があります。
これらの情報を得る手段としては、アプリ、ツイッター等もあります。
近年の激甚化する自然災害から身を守るためには、防災気象情報を活用し災害に備えていただくとともに、危険を感じたら早めに避難することも大切です。

これまで経験したことのないような雨が降るわけですから、ご紹介した情報も有用ですが、自分の判断と行動力の重要性が増しているのかもしれません。

お問い合わせは当ホームページの無料相談コーナーからどうぞ。


メルマガ「横須賀G通信」の登録はこちらでお願いします!

当グループでは、メールマガジン「横須賀G通信」を毎月3回発行しています!
会計・税務・不動産に関する最新情報や知らないと損をする情報などをお届けしています!
お申し込みはこちらからお気軽にどうぞ。

 メルマガ「横須賀G通信」配信サンプル

バナースペース

お知らせ


横須賀グループ

〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-3-9

TEL 03-3861-5791(代表)
FAX 03-3861-5796
URL https://www.yokosuka.jp
 

税理士法人 横須賀・久保田

TEL 03-3861-5791
FAX 03-3861-5796
URL https://tax.yokosuka.jp
 

㈱横須賀不動産鑑定事務所

TEL 03-3861-5299
FAX 03-5687-8255
URL https://kantei.yokosuka.jp